気持ちはいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録。それにまつわる情報についても書いています。

野球好きがはじめてBリーグ観戦に行ってみた

突然ですが私は大の横浜DeNAベイスターズファンです。 

そんなに詳しいわけではないのですが、去年の現地観戦数は20を少し上回るくらい。

大学のころは野球関連の活動・アルバイトをいくつかしていました。

f:id:matka123:20180321162347j:plain

 

そんな私が、人生初!のバスケットボール観戦に行ってきました。

 2016年秋に開幕したプロバスケットボール新リーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」。

盛り上がっているのは知っていたけれど、どんな感じなんだろう~とウキウキ。

 

概要

Bリーグが採用しているのは2部制。(B1,B2)

それぞれのリーグへの参加には、登録選手や本拠地収容人数、本拠地での開催試合の割合などなど、複数の条件があるそうです。

 

レギュラーシーズンの仕組みは以下の通り。3地区の内訳は東・中・西です。

B1とB2はいずれも18クラブを6クラブ×3地区に分け、以下の組み合わせで各クラブとも60試合のレギュラーシーズンを戦う。

  • 自地区のクラブ×6試合(計30試合)
  • 他地区の全12クラブ×2試合+6試合(24+6=計30試合)

参照:ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ - Wikipedia

 

観戦した試合

今回観戦したのは、サンロッカーズ渋谷(B1/東地区)の本拠地戦でした!

対するはシーホース三河(B1/西地区)。つまり他地区戦です。

 

先に結果を言うと、61-74で敗北・・・(泣)

けどとっても楽しかった!ので、休日の過ごし方を探している人におすすめします!

 

大学の体育館で試合を観られる!

まずびっくりしたのが、サンロッカーズ渋谷の本拠地が青山学院大学だということ。

渋谷駅から10分くらい・表参道駅から5分くらいでしょうか。抜群の好立地!

f:id:matka123:20180321161640j:plain

 

スーパ特大注意点

さて、大学が本拠地であることにびっくりしたと書きましたが。

なにより一番びっくりしたのは会場内の飲酒が完全禁止なこと。

 

アルコール持ち込み不可、ではなく、飲酒自体が禁止なのです!

いつもハマスタでめちゃめちゃにビールを買ってめちゃめちゃに球団にお金を落としている(つもりの)身からして、これは本当に本当にびっくりしたし、なんなら少しヘコみました。

スポーツ観戦とアルコールって、切り離せないベストカップルだと思ってた・・・。

 

ちなみにBリーグ全体で飲酒禁止なのではなく、本拠地である青山学院大学がアルコール厳禁なんだそう。

プロの興行として唯一の懸念材料だったのが「アルコール厳禁」の条件。青学大はキリスト教の中でも禁酒を基本的な立場とするプロテスタントのメソジスト派。会場への酒の持ち込みは認められず、当然アルコール類の販売もできない。

収益確保の上では痛手だが、SR渋谷も「地域貢献」を重視。試合開始時間は、その前後に食事を楽しめる午後2時または6時に設定した。「試合帰りに渋谷や表参道で食事や祝勝会をやっていただければ近隣も潤う」と岡社長。

参照:【バスケット通信】Bリーグに異色のホームアリーナ SR渋谷の拠点は青学大 産官学連携で実現(3/4ページ) - 産経ニュース

そのぶん試合の前後に表参道近辺でお酒をたのしんでね!ということらしい。

持って行っちゃうと入り口の持ち物検査で回収されてしまうので気を付けてください!

 

座席の種類

さて。座席は大きく1階席2階席があります。

コート回りをぐるっと囲んだプレミアム席(¥15,000)は、あそこにいる人は観客?関係者?と傍から見ると混乱するぐらいのまさに"グラウンドレベル"。

ボールも選手もどんどん突っ込んでくる、スリリングな席もありました!

 

私はとりあえず2階席をチョイス

指定席3,000円(図の10番)と自由席2,400円(11番)があり、後者にしました。

 

全体図が見えやすいので初心者には2階で充分楽しめると思います。

ただ試合開始45分前にはもうセンター近くの席は埋まっていたので、良い席で見たければ1時間前には着いておいたほうがよさそう!

 

スポーツ×ダンスミュージック

観ていていいなあと思ったのはサッカーにも野球にもない、室内スポーツの良さを抜群に発揮しているところ!

 

試合開始4分前からセレモニーが始まると、会場が暗転!

ごりごりのダンスミュージックとライティングと、マスコットやチアガールのパフォーマンスで楽しませてくれます!

セレモニーだけでなく、ハーフタイム、さらには試合のタイムアウト中にも同じようにパフォーマンスが。

 

ああ~~~~東京人こういうのぜったい好き~~~~~~~

 

試合中も音楽はがんがん鳴り続けます。

攻めているときは手拍子を促すような明るい音楽、守っているときはハラハラする重厚な音楽。

ボールを奪ったor奪われた瞬間に音楽が切り替わるので、音響の人めちゃめちゃ大変だろうな・・・。

f:id:matka123:20180321161643j:plain

 

初心者でも楽しめる!

なんとなくバスケのルールは分かる!という方、多い気がします。

シンプルだからか、体育の授業でやったからか、大正義スラムダンクのおかげか・・・。

経験上、野球ではこうはいきません。

 

そして試合が絶えず動き続けるし、そもそも10分×4セットと試合時間が短いから、初心者でも飽きずに最後まで楽しめます!

経験上、野球ではこうはいきません。(2回目)

  

総評

Bリーグ観戦、普段バスケを観ない・・・という方や、スポーツ観戦をあまりしたことがない・・という方にもおすすめできるポイントがたくさんありました!

所要時間の短さも相まって、お手軽なレジャーとしてこれからもっと流行りそう!

 

High School Musicalの世界に入ったかのような楽しい時間でした。

でもやっぱりビールは飲みたかった。(小声)