気持ちはいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録。それにまつわる情報についても書いています。

無印週間のスーツケースはコスパ最高!62mlを追加購入しました

ただいま成田空港に来ています。今日から半年ぶりのソウルひとり旅です!うきうき! 

無印良品のスーツケース

最近スーツケースを追加購入したので、今日はそれをお供に連れてきました。

無印良品のスーツケース62mlの外観

じゃーん!無印良品のキャリーバッグ

サイズは62L、色はベージュを選びました。

 

ちょうど旅行前(2018年3月15日~4月3日)に無印週間が開催されていたので、ラッキーなことに10%お得に買うことができました。

 

もともと33Lのネイビーは持っていたのですが、ソウル旅行はお土産を買いすぎてしまうで、このサイズだと少し頼りなくて・・・。

今年は1週間ほどの旅行もちょこちょこ予定しているので、せっかくなら大容量もほしい!ということで購入しました。

(ちなみに現在発売している30Lラインの容量は33L→35Lに拡大しています)

 

大きさ比較

33Lとの大きさ比較はこんな感じ。かなり大きいですね。

(62L・・・重量:約4.9㎏/サイズ:約70×45×24.5㎝)

無印良品のスーツケースの62ml/35mlのサイズ比較

無印スーツーケースのいいところ

すっきりとした見た目

どうしてまた無印良品で買ったのかというと、すっきりした見た目が好きだから。

むだにごつごつしていないスマートさも、テカテカしていないマットさもとても格好いい。大きいわりに見た目に威圧感がないんです。さすが無印!

 

お値段がお安い

62Lで19,900円(税込み)です。無印週間だとここから10%オフ

楽天とかで売っている安価キャリーケースとまったく遜色ない価格帯です。優秀。

 

調整できるハンドル・ハンドルロック機能

便利なのがハンドルの調整機能

なんと1cm単位で調整可能です。長く引きたいときも短く引きたいときも、スッと一度で調整できるところがすごいです。 

無印良品のスーツケースのハンドル調整部とロック仕様

そしてハンドルの収納部分(?)にあるスイッチ

これをぐっと押すと、ストッパーが作動します。

電車の揺れで勝手に動いてしまうようなことを防いでくれるので、ストレス少なく移動できます。

 

ちなみに以前買った33Lのほうはダイヤル式でしたが、変更されたようです。

スイッチのほうがより手元に近いので、電車内で立った状態でも操作しやすくていいですね!

 無印良品のスーツケースのロック仕様(旧タイプ)

ファスナータイプで軽い

ファスナータイプなので、大容量でもわりと軽量です。(約4.9Kg)

ファスナーは刃物で破り開けられてしまうことから安全性を不安視する人もいますが、よっぽどな地域・宿に滞在するのでなければ大丈夫なんじゃないかな・・と個人的には思います。

 無印良品のスーツケースのスライダー部分

スライダー部分を本体の側面に差し込めるようになっているので、受託荷物で預けたあとに勝手に開く心配が少なくて済みます。 

鍵の差込口がスライドできるようになっていて、上に押し上げるとスライダー部分がパンっと抜き出ます。説明が難しいんですが、これが地味に気持ちいい。

 

カラー展開が豊富

7色展開のようですが、どれも主張しすぎてなくて無印良品らしい。

ネイビーやアイボリーと大分迷いましたが、30Lがネイビーなので今回はアイボリーにしました。

 無印良品のスーツケースのカラーバリエーション
参照:無印良品 | キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー(62L)通販

 

*2018/10/2 追記

泡めの色だから見た目の劣化が心配だったんですが、 多少の使用で汚れはあるもののそこまで目立ちません。よかった。

 

頑丈!(らしい)

いろんなスーツケースを投げ飛ばして検証している方が言っていました。すごい。

これについては以下を参照してください。笑

the360.life

 

ちょっぴり惜しいところ

ただ、ちょっとしたことなんですが、私個人としては中蓋に仕切りがほしかったな~…と思います。中で荷物が動くのってあんまり好きじゃなくて。

以前買った33Lのほうにはあるんですが・・・バージョンが変わったのかな。

無印良品のスーツケースの中蓋仕様

 

以上!

無印良品のキャリーバッグはお値段以上で見た目もよくておすすめ!

ファスナータイプで安価なキャリーケースを探している方、ぜひご検討ください!

 f:id:matka123:20180909211242p:plain

*2018/10/2 追記
このスーツケースで何度か旅行したので少しだけ感想を。
1週間程度の旅行を3回しましたが、とっても使い勝手がいいです!
 
往路時点では必要な荷物をたっぷり入れても片面しか使わないくらい余裕があります。
復路のときにお土産でちょうど両側が埋まるくらいです。
毎回最終日に、30L台のスーツケースにぎゅうぎゅう押し込んでいた大変さとはおさらばできました!笑
 
ただやっぱり大きい分スーツケース自体の重量があるのと、調子こいてお土産をぽいぽいいれちゃうので、復路の荷物総量は15~20Kgになりやすいです。
LCCは空港で過重荷物が発覚するとものすごい額のお金を取られるので、【1週間程度の旅行】で【たくさんお土産を買いそう】なときは、あらかじめ復路だけ20Kgまで許容上限を上げてます!