気持ちはいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録。それにまつわる情報についても書いています。

(ソウルひとり旅)DAY1-e:合井でソウルっ子に人気のトッポギ鍋!

チェックインを終えたら合井駅へ行き、大好きな先輩と再会!

職場のひとつ上の先輩で、退職後にソウルのご実家へ戻られた韓国人の女性です。

このときすでに17時を回っていましたが、気付けば朝マック以来なにも食べていなくてハラペコ・・・。

それならまずはお腹にたまるものを!ということで先輩おすすめのトッポギを食べに行くことに。

 

さあ夜ごはん(1軒目)!

合井駅からホステルとは反対方向に歩いて5分ほど。

飲食店エリアに出ました。地図でいうとこのあたり。

f:id:matka123:20180428102406p:plain

 

ここにも桜の花がとってもきれいに咲いていました!

f:id:matka123:20180428101812j:plain

 

日本風の居酒屋さんもあったり。

最近のはやりらしくて、いろんなところで見かけます。ちょっと千と千尋っぽい?

シートに印刷された日本語がいいかんじ。

f:id:matka123:20180428101824j:plain

f:id:matka123:20180428101830j:plain

 

お店に到着

トポゲッチトッポッキ ホホシスター店(또보겠지떡볶이 호호시스터점)へ。

ソウルの人たちにすごく人気なんだそうで、すでにお客さんが並んでました。

 

おいしいそうなお店のメニューたちが壁に貼られていて、見るだけでお腹が鳴りそう。

並んでるうちに店員さんに注文を聞きに来てくれます。

f:id:matka123:20180428102814j:plain


10分ほど待ってからお店の中に通されると、中はアニメグッズでいっぱい!!

他の店舗の写真を見た限りでも、同じようにグッズがたくさん置いてあるみたいです。オーナーさんが好きなのかな?

桜に居酒屋にアニメグッズに、なんだか日本にいるみたいで不思議な感覚です。

f:id:matka123:20180428104435p:plain

 

実食

トッポギ鍋

さあ、席に着いてすぐ運ばれてきたトッポギ鍋がこちら!2人分でW11,000です。

トッポギって屋台フードで串にささってるやつか、お皿に盛ってあるイメージしか知らなかった!こういうスタイルもあるのね。

f:id:matka123:20180428104640j:plain

トッポギはもちろん、お野菜やラーメン、焼いたおでん、ゆで卵などなどが入っています。

コチュジャンは入っていないらしくてあっさりめ。辛いのが苦手な人でも大丈夫じゃないかな。

ほんとは動画をGIFで貼り付けたかったんだけど、重くて貼れず断念・・・(TT)

 

ポテト

どのテーブルも大体みんな頼んでた人気のサイドメニュー。W5,000です。

上にたっぷりかかっているソースはガーリックバター!聞くだけでよだれが出ませんか。

すこし酸味があるので、トッポギ鍋との往復運動が止まりません。

f:id:matka123:20180428104647j:plain

 

お鍋の中を食べきったら、お待ちかねの〆!

お店の人に頼んでごはんを入れてもらいます!追加でモッツァレラチーズもトッピング。こんなのもうね、おいしくないわけがない。

f:id:matka123:20180428104654j:plain

先輩はこれを「チャーハン」と呼んでいました。

たしかに日本のお鍋の〆である「雑炊」ほど水分が多くなくて、たしかに焼き飯に近い感じ。

薄ーく広げてあって、全体的におこげができています。スナック感覚で食べられました。

 

お店の情報

お店を出るころ(18:30くらい)はさらに長蛇の列になっていたので、すこし早めに行くのがオススメかも。

私が行ったお店のリンクはこちら!

詳細なメニューは弘大本店のページが詳しかったです。

 

余談

先輩から「ソウルに来るならぜったい持参してね!」と念を押されていたのがマスクでした。理由は黄砂とPM2.5。

韓国ではPM2.5を微細ホコリ(ミセモンジ)と呼んでいて、天気予報といっしょにPM2.5予報を見るのが当たり前なんだそう。

 

食事中、突然あらゆる席からアラーム音が鳴り始めて何事かと思ったら、PM2.5が設定数値を超えたことを知らせる音でした。

これまでニュースの向こう側の話だと思っていたことが、急に身近な現実のものに思えた機会になりました。とさ。