気分はいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録と情報について。

(ソウルひとり旅)韓国へ行く前に入れておくべきアプリ!② 交通系

「ソウル旅行するならこれシットコ!」な情報第2弾は、交通系アプリについてです(^^)

上段のアプリは前記事で紹介したので、今回は下段をご紹介します! 

f:id:matka123:20181018234820p:plain

 

乗り換え検索編

Subway Korea

f:id:matka123:20180701161338p:plain

ソウル移動は電車メイン+タクシーサブが便利。

ソウル市内で特に多いのは地下鉄で、1号線~9号線までの9路線が市内縦横を走っています。


乗り換えの検索にはアプリ利用が便利

なんと日本語で利用できるアプリがいくつもあるのです。

ほかの国だと路線図とにらめっこになるところなのに・・本当にありがたい(T_T)

 

使い方は簡単。

日本語で表示される路線図から、出発駅になる駅と到着駅をタップして、それぞれ「出発駅指定」「到着駅指定」をするだけ。駅名を入力しなくていいんです!

書き方も読み方も慣れない異国の駅名を入力するのってなかなか大変なので、この直感操作性はありがたい・・・!

f:id:matka123:20180701163135p:plain

 

たとえばソウルから三成駅までを検索すると、路線上に黄色のラインが表示されます。

ピンク色が乗り換えの地点。だいたいの所要時間も一目で分かります。

f:id:matka123:20180701162306p:plain

 

もちろん詳細画面で、出発 or 到着時間の指定も可能です。

あと何分で電車が来るか、駅のトイレはどこにあるかもわかるうえ、「終電に乗る」アイコンを押せば一発で終電時刻を調べることも。気が利きすぎてる。

f:id:matka123:20180701162246p:plain

 

ちなみに最初の画面から「出口案内」をタップすると駅の出口位置の案内が、乗り換え結果表示の画面からベルのアイコンをタップすると乗り過ごし防止のアラーム機能!が表示されます。

いやほんとに・・・気が利きすぎでは・・・!

f:id:matka123:20180701164146p:plain

ちなみに駅名の横に表示されている①②③の数字は、地下鉄の何番線が乗り入れているかという表示です。

路線ごとにシンボルカラー・駅ごとに数字が割り振られているので、韓国語が分からなくても駅構内表示でもビジュアルで理解できるようになっています!

行き方さえ検索しておけば、乗り換えはそう難しくないですよ~~。

 

こちらの記事でも紹介したT-money(Suicaのような交通カード)の利用がおすすめです。

 

日本にもこういう外国人観光客にやさしいアプリはあるのかなあと探してみたところ、英語表示のアプリはあるものの、駅名を入力しないといけないものしかないようでした。

日本、特に東京は、路線図がほんっとに複雑なので、こういうものができたらいいのになあ・・・!って心から思うくらい、このアプリは本当に観光客思いでとっても優れています。

旅行予定を立てているとき、行きたいエリアの距離感をつかむのにも使えますよ。


作ってくれた人、本当に本当にありがとう!!

地図編

f:id:matka123:20180701165603p:plain

日本でマップアプリといえば圧倒的にGoogle Mapですよね。

でも実は韓国では英語・韓国語での表示しかできないこともあって、観光客にとってはちょっと使いづらいんです・・・。

 

その背景にはこんな理由も。

古い記事(↓)ですが、韓国人の友人も最近同じようなことを言っていたので、状況は変わってないのかな?

韓国政府は、国内の詳細な地図データをGoogleに渡すことによるリスクはメリットを上回ると判断したと説明している。
敵対する北朝鮮からの露骨な脅迫に直面している韓国は安全保障の観点から、韓国国内にデータセンターを持たない外国企業への地図データの搬出を禁止している。
Googleは韓国外のデータセンターで地図サービスを運営しているため、こうした搬出規制がネックとなり、韓国内ではGoogle Mapsで運転経路や徒歩での道順を検索できないなど、使える機能が制限されている。
参照:ITmedia NEWS

 

しかしご心配なく、その代わりを務めてくれるのがNAVER MAPです!

韓国の検索サイトの代名詞となっているNAVERが、公式でリリースしている地図アプリです。


地図上の任意の場所をタップすると出発地・到着地に指定できます。

もしくは検索バーで検索することも可能。ちょっと位置合わせが難しいですが。笑

前は英語と韓国語表記のみだったんですが、平昌五輪の開催に伴い、日本語表記でも利用できるようになりました~~。

(もちろんお好みで韓国語に設定することもできます!)

f:id:matka123:20180703210644p:plain

 

基本的な機能や使い方はGoogle Mapと変わりませんね。

普通にふつうに便利なアプリなので特にいうこともないんですが笑、ソウル旅行前にはとりあえず入れておくのがおすすめです!

 

コネスト韓国地図

f:id:matka123:20180701171525p:plain

こちらは我らが韓国旅行情報サイト・コネストさんの地図アプリ。

こちらも普通のマップアプリとしても使えるのですが、私は「行きたいところリスト」として補助的に利用しています!

 

韓国旅行を計画している人で、一度もコネストにたどり着かないことはないと思うんです。(偏見)

そうしてるうちに行きたい!という場所が見つかったら、「お気に入りに追加」をしておいて、このサイト内にストレージしておくのがおすすめ! ※ログインが必要です

 

場所の詳細ページからも、

f:id:matka123:20180701172631p:plain

 

地図検索ページからも追加は可能です!

f:id:matka123:20180701172636p:plain

PCからもスマホからもアプリからも可能ですよ~~。


ガイドブックで気になった場所も、コネスト内で調べれば大体登録があるので(すごい・・・)、それもどかどか入れておきましょう。

 

画面左上の「三」からメニュー画面を開いて「お気に入り」を表示すると、こんなふうにリストで確認することができます!

備忘録になることはもちろん、スポット検索をすると「どのエリアに行きたいところが固まっているか?」を確認することも可能です。

f:id:matka123:20180703210714p:plain

それぞれのスポットを別々に調べるだけだと、いくつもある観光先候補の位置関係がわかりづらいんですよね。

この機能を使えば、それをもとに宿の場所を決めたりだとか、旅行予定が一気に立てやすくなります。おすすめ!

 

===2018/10/11 追記======================

今回また韓国へひとり旅をしてみての感想です!

「〇〇通り」だの「〇〇洞」だの、韓国はよくガイドブックで「ざっくりしたエリア」を取り上げられることが多いですが、それらがどのあたりにあるのかを調べるのは、コネストさんの地図が圧倒的に分かりやすかったです!!

 

▼釜山の同じ位置での検索。左がNAVER MAPで右がコネスト。

f:id:matka123:20181019000153p:plain

 

目的に合わせて2つのマップを使い分けると快適ですよ~

=====================================

 

Goole Map

f:id:matka123:20180701172305p:plain

いまいち使いづらいと説明したばかりなんですが。笑

「あれ私もしかして反対方向に歩いちゃってない?!」なんてときの確認時は、なんだかんだこの子を使ってました。

まあこれは皆さんのスマホに入ってるアプリだと思うので、使い慣れたものに出番があることもありますよ~とだけ。

・・・以上です!皆さんのソウル旅行が快適なものになりますように!