気持ちはいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録。それにまつわる情報についても書いています。

(GWセブ留学)Day2-c:はじめての学食とはじめての授業

オリエンテーションが終わると、約1時間のランチタイムです。

 

学校でお昼を食べるぞ

お昼ごはんが食べられるスペースは、受付のすぐ横にあります。

様々な国の料理が日替わりのメニューとしてずらりと並びます。

f:id:matka123:20180811123921j:plain

f:id:matka123:20180811123729p:plain

三食ごはん付きのオプションを選んでいたんですが、特にそれを確認するようなところはなく、ルールはいまいち謎でした・・・。

 

よそうとこんな感じ。味は、まあ、普通です。

右上のやつ、コロッケかと思ったら中身はお米だったので、予想外の炭水化物祭りに。

f:id:matka123:20180811123913j:plain

 

飲食可能なフリースペースで食べます。初日は窓際でぼっち飯。

f:id:matka123:20180811124223p:plain

 

このランチタイムに、現地で必要な費用を支払ったり、学校にパスポートを預けたりしておきます。両替ブースが一時的にオープンしていたので、両替もここで。

 

ついに授業!

・・・・かと思いきやまたオリエンテーションが。

同じような内容が今度は英語で。なぜ????

 

ついに授業!2

気を取り直して授業へ。初日の午後は4クラスです。

まだテストの結果は出ていないので、今日入学したメンバー内だけでマンツーマン2クラスとグループレッスン2クラスを受けます。


まずはおしゃれフロアに移動してマンツーマンのレッスンへ!

f:id:matka123:20180811124813j:plain

セブのローカルな食べ物についてのストーリーを読んで、ボキャブラリーを学びます。
最後は確認テストを。

 

せっかくなので紹介すると、たとえばPuso

hanging riceとも呼ばれるこの食べ物は、編んだココナッツの葉に包まれたお米のことです。

セブの人たちが12,13世紀ごろに中国のちまちを真似して作ったのが始まりなんだそう。

屋台に行くとひとつ4~8ペソくらいで売ってて、かなり身近な食べ物みたいです。

Puso from Cebu, Philippines

参照:Puso - Cebu, Philippines | Local Food Guide

 

あとはDanggit。ラビットフィッシュという魚の塩辛い干物です。

f:id:matka123:20180811130530p:plain

Danggit - Cebu, Philippines | Local Food Guide

 「チョコレートと合わせるとおいしいんだよ~!」と先生から言われて大層衝撃を受けたんですが、調べても調べてもそんなこと書いてるページがない(T_T)

私の聞き間違いだったのか、先生の味覚が独特だったのか・・・・。

 

それとセブではアボカドをスイーツとして認識してるそうで、ミルクシェイクにして飲むのが一般的なんだとか。

「日本人はアボカドを野菜だと認識してる」トーク、セブの先生めっちゃ好きです。滞在中にしょっちゅうされました。

まあ最近は日本でもスムージーに入れるから、そこまでびっくりでもないんですが。笑

 

 

逆に日本で好きな食べ物を聞かれたので、焼き鳥屋のカウンターで一人飲みするのが大好きな私は「焼き鳥!」と元気に答えました。

モモに~ムネに~ハツに~タンに~と部位の説明をしていたら、ハツとタンのあたりで盛大にドン引きされました。お、おいしいのよ?

 

緊張して迎えた初クラスだったけど、食べ物大好きな私としては知らないものをたくさん学べておもしろかったです。

言いたいことはいっぱいあるのに咄嗟に文が繋がっていかない悔しさはありましたが・・!

そしてやっぱり50分のマンツーマンって結構長いなあと実感。

 

2時間目

次もマンツーマン!

移動して先生を待つも、・・・・待てど暮らせど先生が来ない。

なんとかスタッフっぽい人を見つけてヘルプを求めると、別の教室で行われていたグループレッスンにぶち込まれました。

 

文章をパラグラフごとに一人ずつ音読して、主要なボキャブラリーの類義語をいくつか学び、例題を作るようなクラス。

類義語も例題も回答は挙手制なんですが、ま~~日本人は手を挙げない。私も。

 

少数派な日本以外の出身の子たちが続々と回答し、静まり返る日本人という、よく話には聞くけど実際に居合わせるといたたまれなさすぎる空間でした。

 

3時間目

グループレッスン。指定されたお題をもとに、チームごとに英語でレシピ文を考えて発表します。

 

私のチームのお題はチャーハン

野菜切って調味料入れて卵入れて焼くだけ・・・という手抜きのようなレシピ文を作りました。

 

4時間目

最後もグループレッスン。発音。

いわゆるtongue twisterという早口言葉をクラスみんなで行います。

She sells sea shells by the seashoreとかね。ずっとやってると気が狂いそうになる。
舌の位置などをイラストで説明してくれるからまあ分かりやすかった。

 

初日の授業終了

授業後に簡単な入学式イベント。居酒屋のビール券なんかが当たるビンゴゲームをしました。私は無事当選。

f:id:matka123:20180811134121j:plain

お菓子をもらえました。

f:id:matka123:20181004013426j:plain

 

あとは明日の授業が8時始まりか9時始まりかわかるのもこのタイミングです。

掲示板に一覧が貼られているので確認します。私は9時始まりでした。

 

今日の授業は全部で50分×4コマの200分。

なかなかこんなに長いこと継続的に椅子に座って勉強することはないのでヘトヘトです。明日からはもっと長いのかあ~~。

 

うれしいことに、すべて終わることには何人かの生徒と友達になれました!ワーイ!
きっかけは先述した「先生が授業に来なかった」こと。

ほかにも同じような人がいたので、あれびっくりしたよね~と話すうちに輪が広がりました。姿を見せなかった先生ありがとう。笑


ちなみにその人は、英語でのオリエンテーションにもう一回交じらされていたらしくて、不憫すぎて爆笑してしまいました。だって日本語含めて計3回もオリエンテーション聞かされてる・・・!

 

さあ~そろそろ夜ごはん~~。