気持ちはいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録。それにまつわる情報についても書いています。

(GWセブ留学)まとめ:社会人が1週間だけ英語留学してきた感想

ようやくGWセブ島留学について書き終えました。今回は恒例のまとめです。

f:id:matka123:20181018214109j:plain

 

  

転職の機会でもないと留学なんて行けやしないとずっと思い込んでいましたが、1週間から留学ができる!と知って、それならGWのお休みを使って行っちゃおう!と決行したのが今回のGWセブ島ド短期留学でした。

 

たった1週間でしたが、行ってきてよかったな~!と思います。

 

スケジュールまとめ

1日目 

往路:セブパシフィック

 成田空港 13:05発  → マニラ空港 17:20着

 マニラ空港 19:55発 → セブ空港 21:25着

22:00 セブ空港からタクシーでホテルへ

2日目

7:00 SOHOで朝ごはん

8:00 学校でオリエンテーションとおためし授業 ※ランチは学食

18:00 Q兵衛でプチ交流会
21:00 The pyramidで2次会

3日目

8:00 SOHOで朝ごはん

9:00~15:50 授業 ※ランチは学食

17:30 Flora SPAでマッサージ

19:00 The Pyramidで夜ごはん

4日目

7:00 Abaca Bakeryで朝ごはん

9:00~15:50 授業 ※ランチは外食

16:30 Tree Shade SPAでマッサージ

18:00 SHAKAで夜ごはん

5日目

8:00 スターバックスで朝ごはん

9:00~15:50 授業 ※ランチは学食

18:00 アヤラモールでお買い物

19:00 Kuya Jで夜ごはん

22:00 The Pyramidで2次会

6日目

9:00~15:50 授業と卒業式 ※ランチは外食

17:00 La Maison Roseで夜ごはん

復路:セブパシフィック

 セブ空港 01:40発  → マニラ空港 03:05着

 マニラ空港 06:15発 → 成田空港 11:35着

時間割

f:id:matka123:20180816005924p:plain

予習復習の時間や自由時間も多くほしかったので、授業数が6コマのライトプランを選びました。スタンダードは8コマです。

始業は8時か9時。どちらになるかは運次第です!!笑

 

宿

Zerenity Hotel & Suites

1 San Miguel Rd, Apas, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン

ゼレニティ ホテル & スイート(セブシティ)(Booking.com)

※QQEnglish指定の宿泊施設のうち、まんなかのグレード

 

英語力は上がったの?

TOEICでいうと、以前は2017年4月の750点というあらら…な結果だったんですが、

2018年7月に885点という結果を出すことができました!

私がいちばんびっくりしてます。まぐれの可能性ももちろんあります。笑

 

ただ正直セブ留学のおかげで上がりました!というわけではないです。スコアに直結するような勉強はしていません。

ド短期のセブ留学でできるのはあくまで「強制的に毎日6時間以上英語で話す環境をつくること」だと思います。

 

それでも授業を通してうれしい思いや悔しい思いをたくさんするので、もっと英語を話せるようになりたくて、帰国後も自然と毎日1時間くらいは勉強するようになりました。

それ以前は1日15分するかしないかだったのに!笑

 

それから、GWにわざわざ異国まで英語を学びに行ったということで、周りの人から「近ごろ英語を頑張っているらしい」というイメージが少しついたようです。

7月のアメリカ出張の行けることになったのも、そんなイメージがほんの1mmでも後押ししてくれたのかなあと感じることがちょこちょこありました。

 

結論、セブ短期留学ですぐ英語力は上がりません!

大事なのはセブ留学をうまいこと継続的な英語学習のきっかけにすることです(*^^*)

日本ではなかなかきっかけを作れない人、ぜひセブに飛び出してみてはいかがですか?

 

偉そうに自分なりのコメント

QQEnglish関係

  • 先生は20代前半と若い人が多いが、人数自体が多くて質が高い
  • フリータイムの時間も予習復習の時間も確保したいならライトコースがオススメ
  • 新しい単語をたくさん吸収するが解説も英語なので、「分かった気」になりがち。電子辞書など持ち込んで正しい意味を確認する時間が大切
  • 文法の悩みを抱える可能性があるなら、日本から文法書を持ち込むべき
  • 日本資本なので80%以上が日本人。日本語から完全に離れるのはむずかしい
  • 日本人が多いのでグループ授業は受け身になりがち。対個人の授業がオススメ
  • GWは通常の2倍の新規生徒が入学する。20代半ば~40代の社会人が多い。
  • クラスが合わないと感じたらきちんと主張すれば相談に乗ってもらえる
  • 海でのアクティビティをしたいならシーサイドの学校にするか土日も滞在しないとむずかしい
  • 予算が許すなら圧倒的にドミトリーよりホテルがオススメ

現地の環境関係

  • 移動の足は基本的にタクシー。カフェなどで適宜小銭を用意しておく
  • 慣習的にホテルにドライヤーはないことが多いので対策が必要
  • ITパークは安全といわれているがスリや盗難は珍しい話じゃないので管理が必要
  • ITパークを一歩離れると雰囲気がローカルに変わる
  • PHP2,000は日本円の20,000円に相当する価値がある(学校のスタッフ談)

そのほか

  • セブから直行便帰国の場合は空港税が必要なので、残金に注意する
  • 初日に学校へパスポートを預けるので、パスポート必須の両替所では換金できないので注意

 

ということで、おわりー!コメント欄はまた思い出したら追記していきます。

そして本日これからは韓国にひとり旅してきます!うきうき!!