気持ちはいつでも旅行客

国内外へのひとり旅の記録。それにまつわる情報についても書いています。

(韓国ひとり旅)ソウルから急遽大阪へ出張することになった話

f:id:matka123:20181018213933j:plain

韓国ひとり旅スタート

ただいま韓国ひとり旅に来ております!今年2回目の渡韓です。

代休2日が余っていたので3連休に連結させて、さらに出発日に午後休を取ったので、今回は5泊6日です!いつも快諾してくれる上司に頭が上がりません。

 

せっかくの長め旅程なので、ソウルだけではなくはじめて釜山にも訪れています。

台風直撃の予報が心配でしたが無事飛行機も飛び、観光もなんとかできているのでほっとしています!

 ▼今年1回目の韓国旅行

www.solomatka.com

 

そして事件は起こった

韓国旅行を2日後に控えてウキウキしていたお昼時、客先のエライ人に今がんばってる企画についてはじめて説明に伺うと、予想以上に良い反応をいただけて一安心。

 

そのままあれよあれよと盛り上がり、

「もうすぐ大阪のエライ人の会議があるからそこで説明してよ!日程確認するね!」

 という展開に。

 

電話を掛けるために退室したエライ人がものの数分でお戻りになったかと思うと

「時間抑えておいたよ!来週の〇曜日に大阪へ来てね!」

とおっしゃる。

 

フンフン、〇曜日・・・。ン・・・来週の〇曜日・・・・?

  

 

ハッ、

 

待ってくださいその日は休暇で!!!!!ソウルから帰国する日なんです!!!!!!!!!!!

 

慌てて理由を赤裸々に話し、一度は半泣きでお断りしたんですが、よくよく考えてみると大事な企画の大事な機会だし、「ひとり旅」で「場所がソウル」で「帰国日」・・・・。

 

大阪・・・行けちゃうな・・・・・?

 

ということで

旅行最終日は韓国から午前の便で大阪に行き、午後に説明会をし、夕方に新幹線で東京へ戻ることにしました!

最終日は午前休扱いにして、代休も別日に移させてもらえることになりました。

 

フライトを変更するぞ

このあとバタバタと各種手続き。

よく考えると会社決済の出張用飛行機以外で航空券キャンセルをしたことがないので、ちょっと緊張しました。

 

もともとの旅程

初日: 午後便で成田→釜山へ移動(チェジュ航空 byエアトリ)

中日 : 釜山→ソウルへ移動(KTX)

最終日 : 午後便でソウル→成田へ移動(イースター航空 byTrip.com)

フライト代

往路:¥15,540(運賃¥13,000 諸税¥2,540)
復路:¥14,144(運賃¥10,000 諸税¥4,114)

/どちらももともと受託手荷物15Kgまで無料

 

変更した旅程

復路便を【①大阪行き】かつ【②午前便】のものに買い替えました。

最終日午前便でソウル→関空へ移動(チェジュ航空 byTrip.com)

フライト代

復路:¥7,567(運賃¥3,080 税金手数料¥4,487)

/受託手荷物なしの特別運賃。

→予約番号発効後、公式HP上で手荷物15Kg追加をW29,000(¥2,953)にて購入。

 

キャンセルにかかったお金

今回の場合は時間だけでなく到着場所も変わるので、フライト自体のキャンセルが必要でした。

キャンセルしたのはイースター航空のフライト。すでに発券済みのものです。

 

キャンセル規定

Trip.comには「各航空会社の規定及び利用規約をご確認下さい」と表示があり、

イースター航空のキャンセル規約には「出発日にかかわらず、航空券代金全額が変更手数料/キャンセル料になります」と記載されていました。

うーんやっぱり返金はなさそう・・さよなら¥14,144・・・。 

f:id:matka123:20181003172727p:plain

参照:よくある質問 - フライト | Trip.com FAQ 

f:id:matka123:20181003172505p:plain

参照:キャンセル/諸費用|イースター航空 | 関西・成田⇔ソウル | LCC格安航空【予約・空席照会】

 

Trip.comからの電話

払い戻しはなさそうだと思いながらキャンセル申請をした40分後に0120の番号から電話が。

ゴリゴリの英語で話してきたのでイタズラ電話かとびっくりしたんですが、電話はTrip.comから。

 

その内容は、キャンセル代は¥6,200であることと、差額の¥7,944がTrip.comから払い戻しされることを伝えるものでした!

(なぜか最初中国通貨で言われたので「分からん日本円で教えてくれ!」となりましたが)

 

えーー払い戻しがある!なんで!すごい!!ウワーうれしい!!!!!!!

1円も返ってこないものだと思っていたので心の中はお祭り騒ぎです。

 

フライトキャンセルは申請してすぐに確定されるわけではないようで、払い戻し金額を購入者に伝えて承認を取ってから行われるようです。知らなかった!丁寧だ!

電話の10分後には確認メールが届きました。仕事が鬼ほど早い。

 

かかった総額

まとめると、もともとは往復¥29,684だった支出が、¥32,260になったということ。

これだけ見ると私の大損ですが、出張用の旅費として勤務地である東京~大阪までの新幹線代(約¥14,800)は会社が出してくれることを上司に確認済みなので、

韓国旅行の往復支出は¥17,460で済む結果となりました。

予想外の、意図しない、ワーイ!

 

休暇の海外旅行予定が大阪出張に変わっちゃったわけなのでスーパーハッピーではないですが、出費が安く済んだし大事な会議にも出られるしお客さんも喜んでくれたので、私としてはまあいい選択をしたかなと思ってます。

 

安く済んだ大きな要因は、会議の場所が大阪だったことですね。

大阪⇔韓国ってほんとに安いですね、国内旅行以下。そりゃ韓国人みんな大阪行くよなあ。

f:id:matka123:20181005135934p:plain

ブログを書き始めたおかげで、今回のようなちょっとしたアクシデント?があっても「あっネタになるかも!」と前向きにとらえられているなあと感じます。

 

ひとりごとのようなブログですが、みなさんのアクセスに毎日元気をもらっています。

いつも本当に、本当にありがとうございます!

 

・・と突然の感謝で締めたところで、今年5回目のひとり旅を全力で楽しんで全力で説明会してきます!あんにょーん!